南京珠江一号极品女

ぴんと張った鉄の鎖は鋭い刃のようで、逃げる8つ目の巨大なクモのほとんどを切り落とし、端の十字架に直接南京桑拿楼凤网当たった8つ目の巨大なクモは直接黒のプールに変わりました。泥だらけの肉がその場所にひきつりました。

「ハァッ、ハァッ」

エレナは激しく喘ぎ、突然静かな環境を見回し、彼女の表情はリラックスした。

長い間戦った後、彼女でさえかなり疲れていました。

グリンデルヴァルトが彼女に与えた鉄の鎧の呪いはすでに期限切れになっていたので、その後の戦いで、彼女の服はまだいくつかのクモの爪や節足動物によって必然的に引っかかれ、白い肌の広い領域が露出しました。

幸いなことに、魔法のテキスト(UR)を癒すことを学んだ後、この種の単純なトラウマは痛みを除いて彼女には関係ありません。彼女はその場で殺されない限り、魔法で自分自身を治すことができます。いいです。

これが、彼女が禁じられた森を一人で歩き回る自信がある理由です。

青いバーが空でない限り、エレナのヘルスバーは無制限です。ホグワーツ禁断の森のほとんどすべての生き物は、彼女を攻撃して深刻な一般攻撃を行う限り、死にかけます。アップ。

今回

終わりましたか?

ですから、最後の目標が1つ残っています

エレナはクモの体液で覆われた巨南京夜网大な十字架を引きずり、凹んだ地面の真ん中にある巨大な霧の半球形のクモの巣に向かって急いで歩きました。金属の鎖が地面を切り裂く音はまるで死の鎌のようでした。氷。

アラゴグは盲目だったが、彼の聴覚と匂いは失われず、10分以上の殺害の饗宴は彼が直面している恐ろしい悪魔を理解するのに十分だった。

その印象では、10年以上前の「闇の支配者」の存在であったとしても、目の前の小さな魔女は奇妙な魔法で死ぬよりも恐ろしく、この種の一方的な虐殺はさらに恐ろしいものでした。冷やしてください。

「尊敬され尊敬されている人間の魔法使い、ちょっと待ってください!私はハグリッドの友南京桑拿夜网達です。」

クリッククリック、古いクモは心配そうに言った、エレナは彼女がクリックの大きな爪から少し無力で震えているのを聞いているようだと感じました。

そのような楽しいセリフの逆転を聞いて、彼女は少し感情的にならざるを得ませんでした。

エレナは首を横に振ってそっと言いました。

「しかし、これはあなたが共食いしているという事実を隠していませんよね?」

「いいえ!絶対にありません!あなたが最初です!ハグリッドは私の親友です!恩