南京桑拿论坛

南京400以内大活场子

聞こえ、バッキーは刺激的な硫黄の匂いに窒息したとさえ感じました。

肩こりで首を激しく上げ、目の前の青年はいつなのかわからず、突然全身の皮膚が割れ、ついに巨大な怪物に変身した。

シャーロットより完璧で、数ブロック完全南京桑拿按摩に捨てられた女性は、突然手を髪に当て、ゆっくりと引き裂きました。

彼女は、引き裂かれた頭皮の割れ目から現れた血まみれの頭である蛹南京桑拿楼凤网から飛び出した蝶のようでした。

もともといい音は、さびたギアを噛んでガラス板をこする音と混ざり合うような音で、特別な飲み物をもたらしました。

それは、血まみれの頭蓋骨を器として持つ紫色の泡立ちと燻製液でした。

「これはトカゲ、鬼の脳、硫黄を加え、マウスの血漿で作った特別な飲み物です。楽しんでいただければ幸いです。」

ゆっくりと近づいてくる「器」を南京桑拿会所网見て、バッキーはショックを受けました。突然、彼は口を覆い、そこにいると感じました。二日酔いの後、そのような痛みはありませんでした。

でもこの時、頭上に「ゲスト、気に入らない?僕に別の僕に変えてもらえるよ」と轟音がした。

バッキーは無意識のうちに頭を上げたが、上にいるのを見た。 3つの同じ頭が現れました。3つの頭が巨大な体に接続されていました。この体の上に、鋭い歯でいっぱいの丸い形がたくさん開かれました。

唾液の滴がモンスターの3つの口から流れ出て、バッキーの体に着地しました。彼は、水が盆地に何度も注がれているようで、緑色で、胃液のような粘性のある物体でした。

バッキーは手を伸ばして顔のベタベ江苏桑拿论坛タしたものを拭き取り、深呼吸して「助けて!!!!!!!!!!!」と

本能的に立ち上がったが、体が便を離れた後、それは即座に重力を失い、まっすぐに落ちました。バッキーはこの瞬間、ほとんどスツールの足をつかみ、体を宙に浮かせた。

「ゲスト、私はあなたに言うのを忘れました、下のものは本当のマグマです。」上

の巨大な怪物は耳をつんざくような音を出しました。

この声明を確認するかのように、奇妙な特別な飲み物が入っている「容器」が突然血まみれのメイドの手から滑り落ちました。

パフ!

マグマに落ちて、あっという間に溶けてしまいました。

「助けて!!!!刑務所に戻りたい南京夜生活spa论坛!!!!!!」

唾液と鼻水が飛んでいると、バッキー?セザーはマグマに吊るされた唯一の便で震えながら足を締めました。..

第59章オーナーが不在の金曜日1日に

キャロラインとカロの弁護士が会ったカフェは、前回会ったカフェ

おすすめ