南京夜网

南京梧桐论坛

に着けていた金色の白いチュニックローブはスタイルがわかりませんでしたが、明らかに一般的な時代の衣装ではありませんでした。

男は笑顔で手を振ると、廊下からライトボードがゆっくりと横になり、最後のボードは明らかに羅秋の足元に落ちた。

羅秋はうなずき、階段を上ったが、廊下に立っていた男は一瞬目を離さなかった。

この瞬間、男はいきなり「やってみても、根本原因の力を使わないで、会話がもっと有意義になります。この未知のことも好きになって少し理解していただけると思います。 。「「

どうやって電話するの?」

とうとう羅秋がこの男の前にやってきた。

しかし、彼は男がゆっくりと片方の膝をひざまずき、両手で羅秋の手のひらを握ったのを見て、羅秋の驚いた視線の下で、男は額を手のひらに置い江苏桑拿论坛た。

「気にしないで、ちょうど私たちの国の会議のエチケットとして扱います。」男はすぐに再び立ち上がって少し笑った:「。。あなたは私の最後の残りの意識にシセロ歓迎私を呼び出すことができます」

¥¥¥¥¥¥¥ ¥

ps:第126章:

不死の道はどこにあるのか88—劣ったルーツ羅秋

は彼の前のすべてが物理的ではないことを知っていますが、これは彼とシセロを引き起こしませんまたはそれが実体であるとしても、私ここには感情の面で真実がないのではないかと心配しています。

中庭では、青い鳥が突然羽を広げ、廊下を飛び越えました。鳥はまるで餌を探しているかのように、シセロの肩に着陸しま南京桑拿论坛した。

シセロは微笑み、肩の上の鳥は警戒しているようで、一瞬飛び去った。それは羅秋にやって来た。羅秋は指を上げ、鳥は指の関節で止まった。

指からの重みがあります。

「この種の鳥はティランと呼ばれています。」シセロは微笑んで言った、「私たちの国では、それは探検と不屈の進歩を象徴しています。」

羅秋はシセロをちらっと見て、彼の体のローブが役に立つことを発見しました。この種の鳥は翼を広げます。青い絹糸で刺繍。

「これは私たちがそこで学んだしるしです。」CiceroはLuoQiuの視線に気づいた後、さりげなく言いました。

羅秋はうなずき、会議の初めから、シセロは羅秋に一種の知識豊富な学者を与えました。これは非常に適切な名前でした。

「シセロさん。」この瞬間、羅秋は指を逆さまにした。小さな青い年は、小鳥の飛ぶジェスチャーを見ながら、指から直接飛び去った。「あなたは知っているようだ、私は来るのか?」

「まあ。 、あな

おすすめ