南京桑拿楼凤网

ということです!私それに直面したときに十分な勇気を発揮できることを願っています…」

バッグマンは少し遊び心を持って目の前の戦士を見て、ゲームのさまざまな注意事項について話しました。具体的な内容は全く明ら南京夜生活spa论坛かにされておらず、ハリーらの好奇心をかき立てた。

「バーティ、言うのはあなた次第です!」バッグマンは10分間話し、ほとんど意識的に話し、それからクラウチを振り返りました。

「ああ?ああ!いいね!」しゃがみは、まるで夢から目覚めたばかりのように、少しぼんやりと見え、すぐにうなずき、再び唖然としました。「どこで話しましたか?バッグマン?」

「一体何が起こっているの?バーティ?私は最近ぼんやりしているの?」バッグマンは眉をひそめ、非常に不満を持って尋ねた。

「わからない、最近忙しいことが多すぎる…最近はよく眠れなかった!そうでなければ、それはあなた次第だ!」クラウチはため息をついて説明した。

バッグマンは理解に頷き、クラウチは火のゴブレットの問題に対処するだけでなく、協力部門の厄介な問題にも対処しなければならず、本当に忙しかった。

このことを考えると、バッグマンはもはやクラウチに問題を抱えていませんでした、そして彼は彼自身で残りの問題を説明しました。

一方で、イワンはクラウチの心の異常のいくつかを密かに覚えていて、センセーションを練習するまで待つことに決め、ク南京桑拿按摩ラウチから調査を開始しました!

第602章ハーミオーネの記憶

と戦士への指導それは午後に続き、彼らは夕方まで戻されませんでした。

夕食のために講堂に行く途中、ハリーはロンが説得に全く耳を貸さないだろうと不平を言い続けました。

朝の激しい喧嘩の後、彼らの関係は厄介な友人から今や解散に近づいているところまで上昇しました。

イワンは無力に見えました、そして彼は良い考えを持っていませんでした、彼はロンが数日間落ち着いて自分自身を目覚めさせることだけを頼りにすることができました。

急いで夕食をとった後、イワンはハリーを押しのける南京夜网论坛言い訳を見つけ、ハーミオーネを塔の屋上に連れて行き、魔法の練習の準備をしました。

想像していた通り、ここには誰もいなかったし、とても静かだったので、この時点で、誰かが突然入って邪魔をする心配はありませんでした。

「私がしなければならないことはありますか?」ハーミオネは少し緊張しているように見え、彼女の手と足はどこに置くべきかわからず窮屈でした。