南京桑拿论坛

2020南京可以玩的场子

信じられないほど感じました。

上司とメイドは自分しか知らなかったので、この二人がどんな気質なのか心から判断するのは難しかった。

この時、羅秋は、趙ルと陳明明の両方が黒人の魂の使者として変身を完了した。趙ルは、彼の変身が陳明明とは少し違うと漠然と感じていたが、現時点ではそうではなかった。慎重に区別しました。

次に、メイドの手の呼びかけで、床から巨大な黒いキャビネットがゆっくりと現れました。

ChenMingmingとZhaoLeは、特大の金庫のように驚いてこのシーンを見ました。

「これは契約の箱です。」この時、メイドは微笑んで説明しました。「ブラックソウルエンボイのライ南京桑拿网フランプを保管していた場所です。」

「ライフランプとは何ですか?」趙ルは疑問に思わずにはいられませんでした。

チェン?ミンミンは黙って反応しただけでしたが、無意識のうちにメイドの女性にも目を向けました。彼はクラブシステムでは、彼と趙ルがこのメイドに属しているように見えることを知っていました。

「ライフランプはあなたの記憶と魂が蓄えられる場所です。」侍女は微笑みました。「ダークソウルメッセンジャーは不滅ではありませんが、箱舟にライフランプがあり、外出時に死んだとしても使命、マスターはそれを行うことができます。それを使用してあなたを再び復活させます南京桑拿楼凤网。もちろん、あなたが復活するかどうかは所有者の意味に依存します。」

これはクラブの目的の1つです。すべてが有料サービスである必要があります。

ライフランプの保管、すべての黒人の魂のメッセンジャーは、後にダゼとネロを含むこの種のことを経験したボス?ルオの最初のタイインのように、それを個人的に経験する必要があります。

この時、趙ルと陳明明の遺体は、自分たちが感じることができる光の球を自動的に分離しました。この光の球は、自分たちのすべてを含んでいましたが、自分たちを奪うことはありませんでした。

光の玉が契約の箱に送られたとき、彼らの魂の奥に南京夜生活spa论坛はっきりとした束縛がはっきりと印刷され、彼らが黒い魂になった瞬間、二人はこの束縛の存在を感じました、そしてこれはその時、これ気持ちがより具体的になりました。

趙ルと陳明明はお互いを見て、常にお互いの目に厳粛さを感じ、この瞬間から、二人は目の前の男の手で完全に操られました。

「あなたが働く場所はほぼ準備ができています。その前に、あなたはまだ12時間の無料の活動があります。」羅秋は微笑んで言った

おすすめ