南京丝袜馆

は困惑して尋ねた。「最近はそんな必要はまったくないの?」

しかし、この瞬間、スー?ジジュンは突然帽子を下ろし、ささやいた。 !また、私が教えた呼吸法を使ってあなたの心臓を鼓動させてください!呼吸も鼓動もありません。人々は見やすいです。」

ジェシカは無意識のうちに驚いて眉をひそめました。そして彼女は周りを見回しても何も見えませんでした。でもぼんやりと近くに動く目があるように感じました。

これは特別な超大国ではなく、長年刑事警察によってストーカーされてきた本能的な本能にすぎません。

Su ZijunとJessicaはすぐに群衆に混じり、空港を出ました。その後、彼らが乗り込んだのは、タクシーソフトウェアによって呼び出されたタクシーでした。

車に乗り込んだ後、スー?ジジュンはドライバーの肩を直接たたき、ドライバーはおもちゃの人形のようにオーラを失い、目をぼんやりと追い払った。

この時、スー?ジジュンは帽子とマスクを脱いだ。

これを見て、ジェシカは秘密の監視から逃れるべきだと知ったので、声を下げて「彼らはどんな人なの?」

「人?もっといるのではないか!」と尋ねた。スー?ジジュンはこれに指をひねった。時間。髪、「南京桑拿会所网空港には、少なくとも3つの異なる男の波があります。道教の世界には人々がいて、悪魔の世界にも人々がいます。さらに、国の部門からの人々がいます。 「

悪魔は、道路上でスー?ジジュンによって単に普及した。ノウハウ。

「彼らはあなたのためにすべてここにいますか?」ジェシカは幾分驚いて尋ねました。

スー?ジジュンは首を横に振った。「空港の警備員のように、警備のためだけかもしれない。しかし、この種の防御は少しきついようだ。この泰山では、の目に問題があるかもしれない。失言が、それ以外の防衛の範囲ではありませんそれは、空港側に放射されます「

ジェシカはうなずいて、その後、言った南京桑拿夜网: 『それは、あなたに向けられていないので、それは良いことだ』

蘇Zijunはさりげなく言った:」これらの人々が来ている場合私の場合、それは良いことです。物事。何か他のものを変えると、さらに悪化します。」

「敵はたくさんいますか?」ジェシカは厳しく尋ねた。

今回はスー?ジジュンは前向きな反応を示さなかったが、「あなたと一緒に立っている人は多いのか」と単純に言った

。同じ立場の人。

私はもう人間ではありません。

ジェシカは窓の外、青い空と白い雲を見ましたが、冷たい風が吹いていまし